検査・治療可能な性病一覧

contact_tel.png

治療可能な性病一覧

クラミジア

クラミジアトラコマティスという病原菌により、感染する性病です。クラミジアは、日本で一番多い性感染症であるとされています。
性器に感染する「性器クラミジア」のほかに、喉に感染する「咽頭クラミジア」があります。

淋病

淋菌が原因となって発症する性病です。性行為時の粘膜同士の接触や、精液、膣分泌液を介して感染します。感染率は約30%と高く、同時にクラミジアに感染している場合もあります。

咽頭クラミジア・咽頭淋病

クラミジアや淋病は主に性器に感染しますが、近年、オーラルセックスの広まりとともに、喉に感染するケースも増えています。
クラミジアや淋病に感染していると相手とオーラルセックスをしたり、喉に感染している相手とキスしたりすると、喉に感染する場合があります。
普通のキスでの感染率は高くありませんが、ディープキスでは感染率が高くなるとされています。

梅毒

トレポネーマという病原菌により、感染する性病です。皮膚や粘膜の小さな傷から病原菌が侵入し、血液に入って全身に散布され、様々な症状を引き起こすことがあります。
特に、アナルセックスでの感染が多いと言われています。

ヘルペス

主に単純ヘルペスウイルス2型が原因で、性器やお尻のまわりなどに水ぶくれができる性病です。ヘルペスは男性よりも女性に多くみられ、女性の患者様の数は男性の約2倍とされています。
また、ヘルペスは、1年以内に80%以上が再発するとされており、再発の原因は、過労やストレス、性行為など様々です。

カンジダ

カンジダ属の真菌が原因となって起こる性病で、性行為により感染することもあります。しかし、元々人が体内に持っていることが多い菌なので、原因が全て性行為ではなく、体調を崩すなどの要因により、症状が現れる場合もあります。

尖圭コンジローマ

良性型のヒトパピローマウイルス(HPV)が原因となって起こる性病です。主な感染経路は性行為ですが、それ以外にも、皮膚な粘膜の傷から感染することもあります。
尖圭コンジローマは、3ヶ月以内に約25%が再発するとされています。なので、治療が終わっても、最低3ヶ月程度は経過を観察する必要があります。

マイコプラズマ・ウレアプラズマ

マイコプラズムは肺炎の原因としてよく知られていますが、尿道や膣内にも感染することがあります。
淋病やクラミジアが検出されない尿道炎の半数以上からは、マイコプラズムやウレアプラズムが検出されます。どこにでもいるような一般細菌など、様々な菌が原因となります。

いんきんたむし

いんきんたむしは水虫と同じ白癬菌(はくせんきん)が陰部に感染することで、起こる病気です。ただし、症状は水虫とは異なります。
初期段階には小さなブツブツや水ぶくれができ、やがてそれが性器周辺やお尻などに広がり、強いかゆみをもたらします。

トリコモナス

主な感染経路である性行為以外にも、下着、タオル、便器、浴槽などから感染することもあります。膣トリコモナス原虫という寄生虫によって、感染する性病で、他の性感染症よりも感染力が高いのが特徴です。

当院の検査について

当院では、「血液検査」「尿検査」「うがい液検査」「膣分泌物検査」などの検査が受けられます。
保険適用範囲内で検査を行う場合には、1ヶ月に1回しか検査が行えませんが、自費診療による検査であれば、複数の検査を一度に受けて頂くことも可能です。
当院では、自費診療での検査にも対応しておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

パイプカット・包茎 日帰り手術NAVI福井医院 泌尿器・皮膚・外科
tel:0726-96-2945